神楽面販売の「マイ神楽ステージ」HPへ
マイ神楽ステージ
買い物カゴ・トップページ

お面

火男mi-33
岩手県に残る民話に「ひょっとこのはじまり」というのがあり、その中ではヘソから金を生む奇妙な顔の子供であり、死んでから自分に似せた面を竈の前に架けておけば家が富み栄えると夢枕に立ったという話である。その子の名前がヒョウトクスであったところから、ひょっとこになったという。類似の話は各種あるようであるが、概ね東北地方では火の神様として扱われる。
価格:18,000円
お問合せください
般若e-31
在庫などの問合せは こちら から
価格:30,000円
お問合せください
小面e-32
 小面は若い女性を象る。役者の芸と能面作家の腕によって、一つの面から深く様々な表情を見せることができ、仮面劇としての能を今日までも支えている。
価格:25,000円
お問合せください
翁e-33
『翁』の面は特徴的で、他の能面と異なる。眼が全てくり抜いてある。ぼうぼう眉が植えてある。面が口の部分で上下で切り離してあり、後ろのところで結んである。
古式でおおらかな面である。
価格:25,000円
お問合せください
火男e-34
岩手県に残る民話に「ひょっとこのはじまり」というのがあり、その中ではヘソから金を生む奇妙な顔の子供であり、死んでから自分に似せた面を竈の前に架けておけば家が富み栄えると夢枕に立ったという話である。その子の名前がヒョウトクスであったところから、ひょっとこになったという。類似の話は各種あるようであるが、概ね東北地方では火の神様として扱われる。
価格:25,000円
お問合せください
お多福e-35
面は里神楽などで道化役の女性として使われることもあり男性の面であるひょっとこと対に用いられることも多い。 またお多福ともいうように福が多いということから縁起がよいとされている。
 本来古代においては太った福々しい体躯の不美人は災厄の魔よけになると信じられ、ある種の「美人」を意味したとされる。だが上記縁起物での「売れ残り」の意味、あるいは時代とともにかわる美意識の変化とともに不美人をさす蔑称としても使われるようになった。
価格:25,000円
お問合せください
お多福mi-34
面は里神楽などで道化役の女性として使われることもあり男性の面であるひょっとこと対に用いられることも多い。 またお多福ともいうように福が多いということから縁起がよいとされている。
価格:18,000円
お問合せください
般若mi-35
般若は、嫉妬の炎となり、怨霊となって復讐を計る女性の執念を表現している。
価格:24,000円
お問合せください
e-tego 01 手伝人(てごにん)
手伝人(てごにん)
  大蛇退治の演目にて、楽しく、面白く酒作りをお手伝いします。
価格:15,000円
在庫切れ。生産終了
| トップページ |

カートの中身

商品検索

Copyright c 2011 マイ神楽ステージ. all rights reserved.